FC2ブログ

イルレイは何故現れるのか

ホビー紹介中心ですが気になる事があればなんでもあり!大した事は書かないけどお手軽閲覧を目指すブログ。記事順はよく変わる。
2021 031234567891011121314151617181920212223242526272829302021 05

ウルトラ怪獣シリーズ-136 超合成獣人 ゼルガノイド

超合成獣人 ゼルガノイド超合成獣人 ゼルガノイド
ウルトラ怪獣シリーズ-136 超合成獣人 ゼルガノイド

ウルトラマンダイナ第49話「最終章Ⅰ新たなる影」にて登場したスフィア合成獣であり、
地球平和連合TPCが構想していた人造ウルトラマン計画「F計画」によって生み出された
人造ウルトラマン・テラノイドスフィアに乗っ取られた姿。当初スフィアに圧倒的な力を
見せていたが無計画に利用したのが祟ってエネルギー切れを起こし乗っ取られてしまった。

ウルトラマンダイナと同等の能力を持つ人造ウルトラマン・テラノイドと合成している為に
ソルジェント光線フラッシュサイクラーといったダイナの必殺技を引き続き使用出来るが
それだけでなくスフィアの力により再生とチャージを繰り返す為エネルギー切れが無い
テラノイドエネルギーを照射している影響で弱体化していたダイナを寸前まで追いつめた。

スポンサーサイト



ウルトラ怪獣シリーズ-EX ウルトラマントレギア アーリースタイル

ウルトラマントレギア アーリースタイルウルトラマントレギア アーリースタイル
ウルトラ怪獣シリーズ-EX ウルトラマントレギア アーリースタイル

邪神を取り込む前ウルトラマトレギアかつての姿であり「UGF大いなる陰謀」に登場。
宇宙警備隊試験に落ちてしまった事をコンプレックスに感じつつもウルトラマンヒカリ
「力が無くとも自分達のやり方で守れるものがある」という言葉を受けて共に技術開発に
勤しんでいたが復讐鬼と化したヒカリショックを受け光の使者に対し不信感を募らせる。

という事でまだ普通に研究者やってた頃のトレギアです、ウルトラマンタロウとは親友
実はタイガスパークを制作したのも彼でした。前述したように上司であるヒカリの一件
揺らいでいた所にタルタロスの誘惑によってその軍門に下り、邪神魔獣グリムドを内包し
抜け出されない為かその身を拘束具で覆い「仮面のウルトラマン」としての姿となりました。

ウルトラ怪獣シリーズ-132 人工生命 M1号

人工生命 M1号人工生命 M1号
ウルトラ怪獣シリーズ-132 人工生命 M1号

ウルトラQ第10話「地底特急西へ」に登場した人口生命体。元はゼリー状の物質であり
大阪大学遺伝子研究チームによって開発されカプセルに保存されていたが手違いで
ハイテク超高速地下特急「いなずま号」へ持ち込まれ取材カメラマンカメラフラッシュ
反応し、急成長を遂げゴリラかオラウータンのような姿へと変貌した。MMan‐Madeの略。

3歳児程度の知能を持ち非常にユーモラスな性格だがブルドーザー20台分の怪力を持つ。
「いなづま号」の運転席へ侵入システムをぶっ壊してしまった事で列車は暴走してしまい
終点脱線事故を起こし大爆発、その衝撃で宇宙へと放り出され消息不明となってしまう…
がなんとウルトラマンXにて同個体と思われるものが登場。高い知能超能力を有していた。

ウルトラ怪獣シリーズ-130 四次元怪獣 ブルトン

四次元怪獣 ブルトン
ウルトラ怪獣シリーズ-130 四次元怪獣 ブルトン

ウルトラマン第17話「無限へのパスポート」に登場した四次元怪獣でありよく分からない
無機物の塊の様な姿をしているが四次元空間を自由自在に操るという脅威の能力を持ち
あまりにトリッキー過ぎる攻撃防衛隊ウルトラマンはまともに戦えず翻弄されていた。
ただその特殊能力を抜きにしてしまえば素の戦闘力は高くないというのが弱点と言えるか。

ウルトラマンZ第1話「ご唱和ください、我の名を!」及び第14話「四次元狂騒曲」でも登場。
第1話においてウルトラマンゼロ四次元空間へと飲み込んで自身も姿を消していましたが
その後第14話再登場ストレイジ基地前に出現してその能力で基地内を大混乱に陥らせ
ウルトラマンゼット ガンマフューチャー超能力攻撃に対しても一歩も譲らぬ大攻防を展開。

ウルトラ怪獣シリーズ-124 特空機2号 ウインダム

特空機2号 ウインダム特空機2号 ウインダム
ウルトラ怪獣シリーズ-124 特空機2号 ウインダム

「ウルトラマンゼット」に登場する防衛チーム「ストレイジ」対怪獣用ロボット第2号機
正式名称は「対怪獣特殊空挺機甲2号機」、略して「特空機2号」「ストレイジ」の主戦力
1号機に比べ軽量化されスピードはセブンガーの2倍であり各部の穴からのジェット噴射
空中飛行高速移動が可能となっている。主にナカシマ・ヨウコが搭乗し戦闘に赴いている。

ウルトラセブンでは機械生命体ウルトラマンメビウスでは電脳再現体としてウルトラ戦士
共に戦って来たウインダム3度の登場、今回は防衛チームが制作した完全なロボットです。
当初は予算がストップして開発が滞ったり、その後も各パーツ別々の企業に発注した事で
組み合わせた時に電力ロスが酷い事になった(なんと充電に4日かかった)といった問題が…

ウルトラ怪獣シリーズ-121 特空機1号 セブンガー

特空機1号 セブンガー特空機1号 セブンガー
ウルトラ怪獣シリーズ-121 特空機1号 セブンガー

「ウルトラマンゼット」に登場する防衛チーム「ストレイジ」対怪獣用ロボット第1号機
正式名称は「対怪獣特殊空挺機甲1号機」、略して「特空機1号」「ストレイジ」主戦力
有事には隊員が搭乗し怪獣に立ち向かい、戦闘後には瓦礫の撤去作業等でも活躍する。
バッテリー型であり活動可能時間は3分間なのだがケーブルによる有線電力供給も可能。

まさかのあのセブンガーにスポットが当たりました、怪獣ボールであったオリジナルと違い
純地球産ロボットでありウルトラマンゼットが現れるまでは単独で怪獣に対応していた様子。
オリジナル程ではありませんがそれなりに強く市街地に現れたゴメスパンチで倒しました
基本的に眠たげな目付きをしてますが戦闘時にはシャキーン!とした凛々しい目付きになるゾ。

ページ最上部へ

ニコニコ動画
FC2ブログランキング
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
21位
アクセスランキングを見る>>